夢人日志




「精一敗の賛歌」
人生に常勝はない
勝ちもあれば敗けもある
勝っても学び敗けても学ぶ
君よ、胸を張って誇るがいい
精一杯汗を流し
精一杯練習して
その上での精一敗であれば
この精一敗は
きっと君の人生に生きてくる
  

  

  
http://img03.ti-da.net/usr/k/e/n/ken2492/syodos012.jpg
  

  


60兆の夢
 私の体に流れている西口賢治の血、その血潮は熱くいつも燃えている。血液はどのような成分になっていてどのような働きをしているのだろう。どれぐらいの量なのだろうか。私の体にある細胞は60兆。私の意志で動かすことで出来ないもの。それは小宇宙(人間)を構成する目には見えない細胞なのだろう。この60兆の細胞にニュートリノという素粒子が間違いなく透過しているという。これは宇宙の神秘であり、その実態は頭では理解することが出来ない。例えば、太陽の光りがビタミンDとして摂取しているといわれても、それを自覚することは出来ない。牛乳を飲むとカルシウムを供給することが出来るといわれても、白い液体を口から入れたとは解っても、それがどのように吸収され栄養になり、どの成分が不要なものとして排泄されるかはわからない。
 そう人間に関わることで眼に見えるものと見えないものとでは、おそらく見えないものの方がおおく、見えないものがより大事なようだ。例えば、心の在りか・心の動き・心模様など全て眼で見ることは出来ない。60兆の細胞一つさえ見えない。
 この60兆の細胞に愛を送るべきだ。それは生きているということに感謝をすること。宇宙の働きのお蔭を認識して生かされているということを感謝することだ。全てが一つであり、太陽も月も天地万物は一つであり、どれが欠けたとしても、私という人間が存在しないということを悟るべきだ。残念ながら私が消滅しても宇宙は存在するが、月が存在しなければ地球は存在しない。これらの構成は人間の意志や能力ではどうしようもない力、働き、パワー=理力によって成立しているものなのだ。60兆の細胞に愛を送るというのは、言葉を通じてメッセージを伝えることだ。それらは全て美しいものでなくてはならない。自分を伸ばす、自分を生かす、自分の光りを放つということが「生きる」ということだと思う。それはお蔭様・お蔭力に感謝するということにほかならない。一人の人間にとって60兆という数字は天文学的数字であることを認識して・・・。
  


ありがとうございました
万物に神謝
ありがとう・有賀祷・アリガトウ・燦求・サンキュウ・謝謝・メルシー・ダンケシェン・カンサンミダ・スパシーボ・ありがとう・有賀祷・アリガトウ・燦求・サンキュウ・謝謝・メルシー・ダンケシェン・カンサンミダ・スパシーボ・ありがとう・有賀祷・アリガトウ・燦求・サンキュウ・謝謝・メルシー・ダンケシェン・カンサンミダ・スパシーボ・ありがとう・有賀祷・アリガトウ・燦求・サンキュウ・謝謝・メルシー・ダンケシェン・カンサンミダ・スパシーボ・ありがとう・有賀祷・アリガトウ・燦求・サンキュウ・謝謝・メルシー・ダンケシェン・カンサンミダ・スパシーボ・ありがとう・有賀祷・アリガトウ・燦求・サンキュウ・謝謝・メルシー・ダンケシェン・カンサンミダ・スパシーボ・ありがとう・有賀祷・アリガトウ・燦求・サンキュウ・謝謝・メルシー・ダンケシェン・カンサンミダ・スパシーボ・ありがとう・有賀祷・アリガトウ・燦求・サンキュウ・謝謝・メルシー・ダンケシェン・カンサンミダ・スパシーボ・ありがとう・有賀祷・アリガトウ・燦求・サンキュウ・謝謝・メルシー・ダンケシェン・カンサンミダ・スパシーボ・ありがとう・有賀祷・アリガトウ・燦求・サンキュウ・謝謝・メルシー・ダンケシェン・カンサンミダ・スパシーボ・ありがとう。
101回ありがとうで~す。
  

イゼナs202

大きな夢を笑って達成する

  




あなたの優しさ
あなたの笑顔
あなたの言葉
あなたのしぐさ
あなたのすべて

すべてを愛していると言えるなら、
あなたの醜さ
あなたの嫌み
それらもすべてを
受けて容れてこそ
愛していると言えるのではないでしょうか

そんなのは無理って
諦めるのではなく
そんな愛に憧れるのです
  



『ナチュラル』(The Natural)
R・レッドフォード主演

バーナード・マラマッドの1952年の小説『ザ・ナチュラル(en:The Natural)』を映画化
1984年のアメリカ合衆国の映画。
ちなみにナチュラル(natural)は「天性の才能の持ち主」の意。

若くして野球の天才と呼ばれるが、凶弾によって球界入りを遅らされ、
35歳にして“奇跡のルーキー”として活躍する事になった男ロイ・ホッブス。
その男の半生を「レインマン」のバリー・レヴィンソン監督が詩情豊かに綴った作品。



  
Page 3 of 33212345...102030...Last »
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月

  • <過去の年別アーカイブ>
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

  • トータル:241176 アクセス
    ※旧サイトより継続(2004年〜)
    今日のアクセス:14 アクセス
    昨日のアクセス:354 アクセス