夢人日志

 

熊さんから咲来楽が届きました。
ペンションびせざき・美世咲のオーナー熊さんは
僕にとっては寅さんみたいな人
ユーモアーがあって人情味があって
繊細で気配りが効いて、映画と違うのは
こちらの熊さんはモテルということ
まあ、それもそのはず、小生が
「世界一愛している人」って言っているぐらいですから

その熊さんがサクラを送って下さる受験生のために・・・
阪神間で毎年一番に「甲子園学習塾」に咲いています。
ケニアのテルテル坊主こと
「松下照美」さんがいらっしゃった
熊さんの桜がウエルカムでお迎え

テルさんはケニアのティカという所で
孤軍奮闘、8人の孤児を預かって養育しておられる
「この子たちと出会っちゃって・・・」
私がやらねばそんな気負いは全くない
「愉しんでやってます」と微笑まれるが
12歳から17,8歳の少年を育てるのは大変なこと

「私はできることを」という想いで支援させて頂いている

  

先生

 

先 生  作詩・作曲・伊禮俊一


そうさ今ならば 
素直にそう言えるんだ
あなたのその愛が 
僕らを育ててきたと

大きな声を張り上げて 
叱るのが日課のように
声が枯れても強い眼差しで 
僕らを見つめてくれた

放課後の教室 
誰にも見せず 
泣いているあなたを忘れない

素直になれなくて 
行き場のない心を 
受け止めてくれた あの先生


伊是名出身 伊禮俊一君

よくぞ歌ってくれました。

初めて聴いて
「放課後の教室 
誰にも見せず 
泣いているあなたを忘れない」
この詩にふれた時
ググット眼がしらが熱くなりました。

そうだ、判ってくれている生徒さんがいるのだ
こうして歌にしてくれる生徒さん
同じように感じていて口には出さない生徒さん

全国の先生が、救われたような・・・
僕から俊一君に 全国の先生から神謝情を送ります

「伊是名のあの風土」が
この詩を書く感性を育てたと思います

どうぞ、このCD買って下さい。
西口に注文して下さってもOKです。

  

伊是名島へ

http://www.ne.jp/asahi/shimanokaze/izena/
村の人口 [計1,677人]
男 891人
女 786人
世帯数 793戸
平成21年11月30日現在
本村は沖縄本島の北方、北緯26度56分30秒、東経127度56分35秒に位置し、那覇市の北西95.4Km、今帰仁運天港の北27.8Kmの地点にある。総面積15,42K㎡で主島伊是名島(14.14K㎡)の他、屋那覇島(0.74K㎡)、具志川島(0.47K㎡)、降神島(0.07K㎡岩石のみ)の三つの無人島からなる。伊是名島の周囲は16.7Kmでほぼ円形を成しており、島の南東から北西へ向けて、城山(97m)、チヂン山(119m)、アーガ山(82m)、天城(108m)、大野山(120m)の山岳が連なっている。これらを分水嶺として、東部と西部の海岸線へ緩やかな勾配井をもって農耕地・集落が広がっている。また、本村は特に優れた自然環境を有しており、伊是名山を自然環境保全地域に指定し、自然環境の適正な保全を図っている。

伊是名島までの交通 車でご利用の場合
● 那覇空港から今帰仁村運天港までタクシー・車で2時間弱。(料金:約13,000円)
● 沖縄自動車道/那覇→名護(許田I.C)、運天港まで約1時間30分。
● 名護市内から運天港までタクシーで15分~20分。(料金:約2,300円)

バスご利用の場合
● 那覇空港→名護バスターミナル[路線No.120](所要時間:2時間20分~2時間50分)
● 那覇空港→那覇バスターミナル[路線No.25、99](所要時間:10分~15分)
● 那覇空港→旭橋(那覇バスターミナル)[ユイレール](所要時間:10分)
● 那覇バスターミナル→名護バスターミナル[路線NO.20](所要時間:2時間~2時間30分)
高速バスご利用の場合
● 那覇空港→名護バスターミナル[路線No.111]( 所要時間:1時間45分)

 東シナ海の海上に浮かぶ伊是名島(伊平屋島を含め)は、かって中国人により「葉壁山」と呼ばれた。
 島を南東から北西へ斜めに横切るように伝説の山々が走り、その裾野にのどかな田園風景が広がり、琉球松が織り成すといわの里は、沖永良部の与人により「えにしあらば 又も来て見ん 伊是名島 田の面につづく 松のむらだち」と賞賛された美しき島。
 チヂン山からは伊是名森林公園を望む360℃の景観がご覧頂けます。

伊是名島で遠く視線を移すと鮮やかなエメラルドグリーンの海が一際目を引く。濃い藍色の外洋との境目の白く波立っているところがリーフで、ここで外洋からのうねりや波は弱められ、リーフの内側は穏やかな海になる。リーフは天然の防波堤ともいえる。
 リーフの内側の静かな海をラグーン(礁湖)、方言ではイノーという。波静かなラグーンは文字通り、サンゴ礁が作った海の湖だ。

伊是名村は本島南部の行政区域である島尻郡に属している。これは明治時代の廃藩置県で沖縄県となったとき、伊是名役所は那覇役所に併合されたため、その後の郡編成で島尻郡に編入されたからである。
伊是名島には猛毒のヘビであるハブがいない。これは、琉球列島が太古の昔何度か隆起と沈降を繰り返した結果、島によっては海水で一掃されたためだといわれる。
具志川島で発掘された約3,000年前の人骨には、貝でつくった腕輪の飾りがあった。このような例は県内では他になく、当時としては高度な生活水準にあったといわれている。
伊是名の人は情け深いという意味。昔から漁などの収穫物は誰にでも分け隔てなく分け与えた伝統があり、その精神は今でも生きていて、島外からの来訪者にも気軽に声をかけ、食事をふるまったりする。
統計によると、伊是名村の1世帯あたりの子供の数は日本一。少子化が進む現代にあって7人兄弟という家もあり、3人兄弟、4人兄弟は普通。子供は島の宝なのだ。
教育・文化関連など、伊是名出身者はさまざまな分野で活躍しているが、とりわけ会社社長など経済界で名をなしている人が多い。伊是名の人は経済感覚が鋭い? 
1日滞在すると いいとこだと思う

2日滞在すると また来たいと思う
3日滞在すると ハマリます
4日以上滞在すると 伊是名病になります
私は延べ滞在日数は100日以上200日未満

  

  

母校の小学校を出てから48年、約半世紀が経過しようとしている。
大学・高校は私立でもあり、強い愛校心もあるが、小学校となると・・・。
左、谷村社長さん 隣・西口。

この度、23日の尚円王の里観光大使(伊是名島)の認証式で4名の認証があった。
上柿さん、86年より屋那覇島でこんがりココナツ島の夏休みの運営とトライアスロンの誘致。
西さん、伊是名郷友会の会長、島の出身者。
谷村さん、ジャンボツアーの代表取締役社長。そして、私。
新年会を兼ねた席上で、隣合わせたのが谷村さん。

「N/ どちらのご出身ですか?」ありきたりな質問。
「T/ 高槻です」「N/ 僕は上新庄です」「T/ 新庄小学校に行ってました」
「N・T/ えっ~!!!」「一緒やぁ~!!!」
沖縄で大阪の片隅の小学校の名前が出てくるのが信じられない。
『沖縄伊是名・カンボジア・大阪新庄小学校』
まさか、沖縄で小学校の同窓生にあうなんて・・・信じられない。
正に機積の出愛です。
出愛は寸分のずれもなく、会うべくして必然に出会う。
そう考えると、本当に神様からのご褒美。
谷村さんは「感極まった」と感想を申され・・・
私は「出愛の機積」に言葉を失いました。

谷村さんは伊是名島へ6000人からを送客しておられて、
今年は中国からも少年を伊是名に連れてこられるそうな・・・
本当に世の中には凄い人がいるものだと、感心させられる。

私のこれからの沖縄入り、海外の旅行に対しても
今後アドバイスをして下さるそうで・・・

本当に神様が下さった出愛だと思える。 

  

スパトライアスロン二日市温泉大会 二十二句

                              字遊人・西口賢治

温かき 泉湧きだす 二日市

美しき 十二単(じゅうにひとえ)に 春来たる

梅(うめ)香(がか)や 睦月(むつき)の風に 夢を呼ぶ

雪月花 自然を愛す 筑紫野や

千の風 筑紫野の野に 吹き渡る

大宰府に 合格の梅 咲き誇る

筑紫野の 紫の風 福を呼ぶ

筑紫野の 紫の夢 今実る

筑紫野や 夢紫に 夕日(ひ)は明(あか)く

華咲いて 心和むや 二日市

春よ来い 千五百人 野を駆ける

人集い 和気愛愛に スパアスロン

紫の たなびく雲や 夕景色

紫の 優しき色に 人和む

愛と夢 十二重ねて 姫歩む

旅人の 心を癒す ゆのまちや

筑紫野の 天拝(てんぱい)の月 夢運ぶ

温泉(ゆ)の宿で 心の垢(あか)も 癒しけり

千年の 椿咲きけり 武蔵寺 

天地神 ここ筑紫野で 遊びけり

古(いにしえ)の 歌詠み人の 魂(たま)遊ぶ 

万代(よろずよ)の 内の田の面に 夢実る

梅香り 桜吹雪いて 後(あと)に藤

201001241055000季語にとらわれず、紫・温泉・二日市・筑紫野市がキィーワードで詠ませて頂きました。このウオークに参加された人はこの色紙がプレゼントされるということで、皆さんが大事にそうに持って帰って下さったのが何よりでした。

 

  

23日 8:50 スカイマーク神戸発
   機内のスタッフの方もジーンズにポロシャツ
   なかなか機能的でイイ感じでした。
   80分ほどはスリーピングして
   窓際の席で外を愉しむ
   厚い雲の上は、北海道の知床で見た「流氷」を思いだしました

・写真は逆さまです・

   11:15那覇空港到着
   忙しい中吉澤さんにお迎え頂いて、先ずは「けんぱーの店」へ
   沖縄そばを食べに行きました。
   西宮の大谷会長とご一緒して、その「ガスト」で愉運多来(ユンタク)。

   壺屋焼物博物館へ
   1/16~2/28 「壺屋三人男」の企画展

   大学時代「お茶、命」だった私にとって焼物は大好きなもの
   二代目仁王・次郎・栄三郎の三人男の作品ときたら、これはもう最高!
   チラシ・パンフの題字を書かせて頂いたご縁で招待券も頂きかけ参じました。
   多分、時間があったら何時間でも見ていると・・・

   小生のことを志翔と呼んで下さっている後藤さんの紹介、ご縁があって
   三越の横を入って行ったところにある「INORI」さんにご愛擦
   
   オーナーの河本さん、店長の吉田さん、二人とも美心!です。
   しばし、歓談させて頂いて、その上にとっても素敵なパワーストーンを頂戴しました。
   これから、遊書させて頂くときは身につけさせて頂こうと思いました。
   スパー素敵なのに、とってもリーズナブルな価格。
   大阪のデパートに並んだら、0が一つ多いはず?確認して聴きました。
   一つ買おうと思っていたら、プレゼントして下さって志合せを感じました。
   お二人はバリ島に長く住んでおられて沖縄に移住、昨年末からのお店です。
   ぜひ、パワーとハッピィーとビュテイーを求められる方、行ってみて下さい。

   壺屋通り、壺博の前の「陶宝堂」さんにも少し立ち寄って
   竜宮を祀っている「瀬長島」へ

   18:30
   伊是名郷友会の新年会で尚円王の里観光大使の認証式
   ここで『奇跡の出愛』がある!!!!

   22:00
   平和通りの賢坊さんの店へ
   美優さん、直ちゃん、カリスマ美容師のケンさんと合流
   賢坊さんの説法・漫談トークを聞いて。心から笑って安らぐ。
   24:00
   大谷会長からお誘いがあって松山のクラブ『舜』へ
   
   前島の24時間「サウナ」へ行って寝たのが2時?

24日 朝5時に起きて朝シャンをして空港へ
   6:45分の飛行機で福岡へ 8:20到着
   空港には大谷会長の日本セーフテイの社員さんが待ち受けてて下さって
   車で現地、筑紫野市二日市温泉へ直行 9時ドンピシャに到着
   10:00
   「十二単ウオーク」の催しがあって出場者17人分の俳句を書いて詠って頂く。

   十二単姿で紫で書いた大色紙を持っているのは卓球の愛ちゃんとwでコンビを組んで2009年プロツアーモロッコオープンダブルスで優勝した石川佳純選手。とっても初々しい清楚なイイ感じの名前の通り純な女の子でした。
 
  16:30
   直方の増田さん夫婦と10何年ぶりかの再会の森本君が愛に来てくれてビックリ!
   ホテル大観荘でゆったりと温泉につかって増田さんと人生のA~Zを語る。
   20:00
   もう、寝ていました。

25日 ゆっくりと8時に目覚めて、温泉に入って「ひとりの時間を楽しむ」
   10:30
   大宰府天満宮に参る

   塾生の受験生に「合格鉛筆」を購入
   天神で珍麺なるものを食べて、明太子を買って
   
  15:30の飛行機で伊丹へ16:30到着
   空港では「甲子園学習塾」の名前で「合格祈願」と書いて来ました。

(感想)  
     たくさんの出愛に神謝
      
      ちょっとハード? 少しは年齢を考えて?

 生まれって来たことが機積です。

 生きていることが機積です。

 そこでの出愛は機積です。

 だから、全てに神謝しよう。

 機積を感じることがいっぱいあって旅でした

  
201001231506000.jpg 201001241055000.jpg

昨夜は夜1時過ぎまでお月愛♥今朝、6時45分の飛行機で福岡入り・二日市温泉スパトライアスロンで俳句句を詠んで遊書して。もう、眠いのでおやすみです。[クローバー]言気字遊人[クローバー]西口[クローバー]

  

1月23日
 伊是名村新年会 (自治会館) 午後6時半から
   尚円王の里観光大使認証式
 
 ・プライベートタイム
  平和通り「まさかやぁ~」9:30or10:00以降 閉店まで

1月24日
 福岡県筑紫野市二日市温泉
 スパトライアスロン二日市大会
 参加証 夢(紫色)1500枚 印刷
     夢(紫色) 50枚 直筆
 俳句 22句 作句&遊書 (羽織袴)

愉しみな御出けです。
たくさんの方と出愛って
覇和を貰って来ます。

  

優志咲=優しさ・やさしさ。
メールを打っている途中に思いつきました。

Ice Cream
愛寿来利意夢
愛と寿、ご利益が意(心,意思)に来る夢
愛寿来里偉夢
偉大な夢に愛と寿が来る里。 里=自分の心

千咲愛=センサアー
 人の心に 言の葉に 全てのものに
 センサーを張り巡らせておくと
 ピッピと反応して、感性に美美っと来て
 漢字・感じ・感字=感自、自分を感じる。

年が明けてからか・・・
明日の沖縄が迫って来ているからか・・・
積年のお陰が感じ(漢字)が生まれる
  

  

『原因と結果の法則』
     ~幸 福 へ の 道~
        ジェームズ・アレン著

考え方としては一番影響を受けた本です。
この本に出会うまでに、沢山の本に出会っていて
この本の内容がスーと入って来たように思える。

50を過ぎてからの「読書の真髄」
というものがあるような気がする
これを味わうことができるかどうか
とても大事なことのように思える

「今の私たちは、
 私たちがこれまでに考えて来たことの結果である
 それは、私たちの思いの上に築かれている。
 それは、私たちの思いによって作り上げられている」  

  
Page 332 of 335« First...102030...330331332333334...Last »
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月

  • <過去の年別アーカイブ>
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

  • トータル:249710 アクセス
    ※旧サイトより継続(2004年〜)
    今日のアクセス:69 アクセス
    昨日のアクセス:11 アクセス