夢人日志

親子が共に育つ
みんなが協力して育つ
お互いが響き愛で育つ
その思いで今日を生きる

【教】の意味
古い字にある。文、ノブンは手に棒を持っている形で、孝がキョウと変わって読み方をしめしています。
キョウは「ならう」意味をもち、棒でうって習わせることから、「教える」意味に使われています。
〔漢字をおぼえる辞典より〕

【教育の語源】http://www.art-synapse.com/kyouiku.html
教育とは英語に訳すとeducationです。education(教育)の語源は才能を引き出すです。
すなわち才能を引き出す=教育です
才能とはいろいろな知識をたくさん知っていることではないです。
また数学や物理の難しい問題などを解けることを才能とは言いません。
決して押し付けることや訓練させることが教育ではありません。

educationは才能を引き出すという意味です。
一説では福沢諭吉が日本語になかったこの語に「教育」を当てたといわれています。
この当時としては、的確で素晴らしい言葉だったと思います。
しかし、今日では押し付けて教えるという指導は適確ではありません。
漢字の意味の通り、棒でうって習わせるという強制のニュアンスがあります。
教師・指導者・親が押し付けて知識を身につけさせようという意図があります。
また、「教育」という語が美化され過ぎています。教育の功罪も考えなければなりません。
楽しく学ぶ、楽習。共に学ぶ、学美愛が大切だと思います。
  

  

やる気のメカニズム


その気

ヤル気

本 気

物事には段階・順序・手順というものがあります。
それが判っていない指導者・親・先生は
二言目には「やる気・努力・本人次第」と言いますが
いきなりは無理です
先ず、「その気」にさせることです

「その気」にさせる秘訣はありませんが
具体的な方法はあります
心の栄養である、言葉で愛情を伝えることです。

褒(ほう)言(げん)(褒め言葉)を
愛情たっぷりに与えることです
いい意味で、わが子のやる気が不足していると思ったら
お母さんの愛情が伝わっていないか、不足していると思って下さい
決して、子供のせいにしないで下さい。

一緒懸命
人間、何事も「人のせい」にしている間は、物事は改善されません
なぜ、わが子がその気になれないのか?
親が自問自答するところからが「始まり」です
だって、いつも言っているではありませんか
「あんたはまだ子供や!」って
先ず、自分が「その気」になることだと思います

  

  

バースデイケーキに「神謝」の文字・唯一無比、世界で一つ

賢牛先生。

お誕生日おめでとうございます。

私も先生のような歳の迎え方を重ねていきたい。

と本気で考えます。

誕生日ってなんだろう?

ここまで生きてこれたことに神謝!

それと この歳の先

どんな、生き方しようかの目標を掲げることかも・・・

先生は 常に挑戦し続けておられます。

だから、輝いているん ですね。

それも、自分のためばかりでなく。

みんなのために・・・

すごく、素晴らしい生き方です。

私にとって最大の師匠です。

たくさん学ばせて頂いています。

私にないものをたくさん実行されています。

尊敬してます。

いつまでも尊敬します。

そんな先生のお誕生日

本当におめでとうございます。

2010年5月6日


宝言=宝物に値する言葉です。
褒言=褒め言葉はご褒美に値する言葉です。
朋言=大好きな朋友からの言葉は月が二つ分に値する言葉です。

実はこのメール、沖縄で受信していて
しっかりと拝読していませんでした
神様が、今、ココで最高のタイミングで送って下さいました
これぞ!私にとって『宝言・褒言・朋言』です

  

  
沖縄そば
1.麺 
どちらかと言うとやや細め
2.出汁 
あっさりしていてコクがある
3.5W1H
    いつ・誰と・何処で・何を・なぜ・どのようにして
    特に誰と食べるかで味が左右する
4.「気」
お店の雰囲気・お客様の気・風評
5.隠し味 
オーナー・店員さん・秘伝の味・こだわり etc

昨日のお昼、夜、今日の夕方
かなり精神が落ち着いています
沖縄そばのお陰です。神謝

究極のところは、一人ひとりの好みの差
1と2の調和、バランスのような気がします

  

浅井東迎・和風デザート・豆腐プリン

1ヶ月前に日本画家の寺岡先生の道野さんと3人で東迎さんに食事に行こうと約束しました。
秋田の百姓山内さんが「おかげさん」のお米の伊勢神宮への奉納を兼ねて来阪して参加することになりました。
木曜日にペンションびせざきの熊さんが名古屋に漆喰塗りに来ているということで参加することになりました。
誰にも言わずにサプライズを仕掛けました。東迎さんと熊さんは那覇工業の調理科の同級生。
土曜日、おかげさんを使っておられる天理のみしまやさんへサプライズで行ってみようということになり計画を立てました。
私は急用が入ってドタキャン。好物の鰻は食べに行けませんでした。
名古屋の熊さんは、漆喰塗りの施主の奢りでみしまやさんへ行くことに、何と鉢合わせして人為を超えたサプライズ!
ビックリ桃の木山椒の木!みしまやのようこさんにとったら正月と盆が一変に来たような来客。
それも仕掛けのサプライズでなく、神の仕業だからハッピィーサプライズ!
道野さんは、夜、東迎さんで西口先生と一緒に会食だからと熊さんを誘うが、
漆喰塗りの仕事で名古屋に帰らないといけないと固く辞退。

そして、その夜、6時半にみんなが揃ったところで熊さん登場!!!!
仕掛けられたり仕掛けたりのサプライズ!

思えば人生、毎日がサプライズなのです!  

  
舞楽望

舞良望

舞楽望=望みが楽しく舞う
舞良望=良い望みが舞う

ブラボー

あなたはどちらが好きですか、いいですか?
お知らせいただいたら光栄です。

新語・心語の出来るプロセス
朝、塾に来たら沖縄から『そば』が届いていました。
思わず口をついて出た言葉が「ブラボー」です

というのは、7月に沖縄へ行かせて頂くのですが
それまで、我慢できないぁと思っていました
お知り合いのけんぱーさんのところかネットで注文しようと思っていた矢先のことでした
想いは通じる、気が飛翔して感じてくださる方がいる
そんな歓声、喜びの言葉が「ブラボー」でした。

そこで自分の感じを感字にして漢字変換します。
想いが大きく強いほどいい言葉生まれてきます。
  

  

修心

昨日、ご縁があって西田修さんという方にお会いしました。
いい気を発している方で明るく楽しい雰囲気が魅力でした
夜にメールを頂いて、今朝、返心しました。

その時に生まれた言葉が『修心』です
心を修める。辞書で調べたらありませんでした。
修身という言葉があるからでしょう。
我ながら気に入った言葉が生まれました。
(自画自賛でスイマセン!)

  

アダンの筆

《「山上宗二記」の中の「一期に一度の会」から》茶の湯で、茶会は毎回、一生に一度だという思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた語。転じて、一生に一度しかない出会い。一生に一度かぎりであること。

■一期一会(いちごいちえ)とは、茶道に由来することわざ。『あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』と言う意味の、千利休の茶道の筆頭の心得である。平たく言えば、これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい、ということである。
千利休の弟子の山上宗二は著書「山上宗二記」の中の「茶湯者覚悟十躰」に、”一期に一度の会”という書き下しの一文を残している。
その考えを、幕末の大老・井伊直弼が自分の茶道の一番の心得として、著書『茶湯一会集』巻頭に「一期一会」という言葉にして世の中に広めたものである。<Feペディアより>


一語一会
言葉との出愛、一語の出愛で人生が変わることもある

一期一絵
一枚の絵との出愛も、美との遭遇である

一吾一恵
吾一人にだけ与えられた一つの恵み。その光との出愛を求めて
それがonly one の生き方です

  

  


雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラツテイル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキ小屋ニイテ
東ニ病気ノ子供アレバ
行ツテ看病シテヤリ
西ニ疲レタ母アレバ
行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニソウナ人アレバ
行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクワヤソシヨウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイウモノニ
ワタシハナリタイ
同名の賢治の詩
小生の1つの指針です

  

  
 

福 沢 諭 吉                 
                      『心 訓』

          1・   世の中で一番 楽しく立派な事は、
                      一生涯を貫く 仕事をもつことです。

          2・   世の中で一番 惨めな事は、
                      人間として 教養のない事です。

          3・   世の中で一番 さびしい事は、
                      する仕事のない事です。

          4・   世の中で一番 醜いことは、
                      他人の生活を 羨む事です。

          5・   世の中で一番 尊い事は、
                      人のために奉仕して けして恩にきせないことです。

          6・   世の中で一番 美しい事は、
                      すべてのものに愛情をもつ事です。

          7・   世の中で一番 悲しい事は、
                      嘘をつく事です。

西口の看板としての作品です。
このお店の店内のトイレの戸などにこの言葉を書かせていただいています。
店長さんのポリィーです。

  

  
Page 30 of 56« First...1020...2829303132...4050...Last »
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月

  • <過去の年別アーカイブ>
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

  • トータル:242348 アクセス
    ※旧サイトより継続(2004年〜)
    今日のアクセス:1 アクセス
    昨日のアクセス:12 アクセス