夢人日志

月を仰ぎ
月の光を浴びて
月に祈る
写真に遊書させて頂きました。
  
清涼な、凛とした気
太陽の輝き、白い雲
蒼い海、銀の波、木々の緑に囲まれて、小さな詩が4つ咲きました
  






天恵・天計・天慶・天啓
天の恵み・天の計らい・天の慶び・天の啓示

天の計らいは機に会って素晴らしい。
萬事大慶のもとに天運の機会を受け止めることが大事だと思います。
  










北谷・ライブハウスMod's

~ツアー沖縄~
11/18(日) 『MOD's』
和-jin×打族

想像以上に面白かった!
  
  



ボランテイアで参加させて頂きました
あいにくの雨模様でしたが
11時から4時まで 40名の方の芳名詩を書かせて頂きました

写真は星槎国際高校生徒会長の伊波美寿々さん
ブログ友達のご縁でお手伝いさせて頂きました。
  




備瀬のワルミ(和流美)から、遥か彼方に伊是名島を望む
ここは風の通り道です 素晴らしい気が流れています







伊是名村で唯一の有人島。近接する伊平屋島よりも標高は低く、海岸に面して平坦な地形が広がっている[1]。島内最高峰は大野山(うふやま、別名・チジン山)の標高119.9メートル。かつては屋ノ下島と呼ばれる島が隣接していたが、伊是名場外離着陸場を整備した際に干拓され現在は伊是名島の一部となっている。伊平屋島にはハブが生息しているのに対し、伊是名島にはハブが生息しておらず仲田港には「ようこそ ハブのいない伊是名島へ」と書かれた看板が設置されている[2]。

伊是名場外離着陸場と沖縄本島など他の島を結ぶ定期路線は存在せず、仲田港と本部半島の今帰仁村・運天港の間を1日2往復する村営フェリーが事実上、島外との唯一の交通手段となっている。近接する伊平屋島との定期航路は存在しない。


  




星サ国際高校学園祭
沖縄市久保田の星サ国際高校で学園祭。
11時から16時
本日、遊書ライブでボランティア参加します
芳名詩を書かせて頂きます。ぜひ、ご参加ください。


  








ペンションびせざき・備瀬の浜で、朝日を浴びて



孤児院で育った少女ジュディが一人の資産家の目にとまり、毎月手紙を書くことを条件に大学進学のための奨学金を受ける物語であり、ジュディが援助者を「あしながおじさん」と呼び、日々の生活をつづった手紙自体が本作品の内容となっている。手紙中、ジュディ自身が書いたという設定で挿まれる絵もウェブスターの手による。

身寄りのない少女に進学のための援助を行なう「あしながおじさん」は、現代日本では広く学生への援助者の意味で用いられ、遺児奨学金のための原資拠出を行なう人を「あしながさん」と呼ぶあしなが育英会や交通遺児育英会等がある。アメリカをはじめとして数度映画化され、日本では1979年と1990年にテレビアニメ化された。原題の"Daddy-Long-Legs"とはクモに縁の近い小動物であるザトウムシのことで、作品中にもこの蜘蛛に似た虫が登場している。

手紙の中で記される"ジュディ"とは彼女自身が考えだし自分に命名した愛称であり、本名はジェルーシャ・アボット。
  





2013.11.16 7:55
 沖縄・本部の備瀬
スカイブルーの青空
凛とした大気・眼に染み入る蒼・潮鳴りの響き
60兆の才豊(細胞)が喜んでいます
  
Page 10 of 117« First...89101112...203040...Last »
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月

  • <過去の年別アーカイブ>
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

  • トータル:242348 アクセス
    ※旧サイトより継続(2004年〜)
    今日のアクセス:1 アクセス
    昨日のアクセス:12 アクセス