夢人日志







『 大 分 心 』
大分県民の皆さんにお贈りします!
今、閃いた言葉です。とてもいい言葉だと自画自賛しています。
みなさん、お読みになれますか? 下がヒントです。
<花夢舞愛> Come in my love. カミインマイラブと読みます。
私の愛の中に入っておいでよ! これヒントです。
美紀ちゃんに贈ります。この言葉を!大分の皆さんに!
  









『天使との出愛』
 天に極楽、地に蘇抗アリ。
とマルコポーロをして感嘆せしめた杭州・蘇州を訪ねた。
杭州から蘇州までバスで行けば3、4時間の距離だが、
私はどうしても船に乗りたくて運河での船の旅を選んだ。
夕方5時半に出航して翌朝7時に蘇州に着く。
何百年前に作られた運河なのだろうか、
その距離たるや万里の長城とまでは行かなくても、驚くばかりだ。
船旅といってもボートといった方がピンと来るようなもの。
客室が8室と船底である。
20分ほど前に船に乗り込んだ私は、
離岸するまでの時間を客室に横たわって休んでいた。
ほとんどの人が乗船している様子だが、
私の1号室の客室には誰も来る様子がなく、
これは外人(私の事)だから2人部屋を1人で占有できそうだ、
ラッキーと思って寛いでいた。
すると間もなくドアーが開くと同時に「アッ」という嬌声が耳に響いた。
そこには22,3歳の可愛い小さな女性が立っていた。
私は一瞬、あっけにとられて呆然とした。どうやら同室らしい。
日本では考えられないことだ。
JRの寝台車のような個室に見知らぬ男女が同室になるとは・・・。
私は困惑して、寝る頃には気を利かして船底にでも移るか、と考えていた。
そろそろ船が離岸するらしく、大勢の客が甲板に出だした。
私も旅愁を愉しむべく甲板に出た。
同室の彼女には見送りの客があるらしく、
恥じらいもなく無邪気に大きな声を上げて話していた。
甲板から身を乗り出して手を振る姿は、
まるで純粋無垢な幼児のような仕草だった。
私はふっとどこかで見たような情景を一瞬、
思い浮かべたがその思いは過ぎに消えた。
建物の中をしばらく航行すると船は川らしい風景の中を進んでいった。
私は頭のどこかで気詰まりな沈黙を連想していた。
少女は「Can you speak English.」と優しい眼差しで話しかけて来てくれた。
私は小さな花のような蕾の口から発せられた英語に戸惑いを覚えて、
口が利けなかった。「a little」と受け答えするのがやっとだった。
私の顔は一見すると怖いらしい。初対面の印象は決して良くない。
少女はためらいもなく、ごく自然に話しかけてきた。
その表情に私の心は一瞬にして、開いた。
それから9時半の寝る時間まで、二人は時を忘れて喋った。
カタコトの英語と微妙なニュアンスは漢字を書いた。
少女が持っていた桃を分かち合って食べた。
2段ベッドの下方に二人腰をかけて話しに花を咲かせた。
その花びらが増える毎に、二人の心が溶けて行くような気がした。
少女の無邪気さに私の心が洗われていった。
肩を並べて互いにガイドブックを見せ合って、手が触れ合った。
もうその時には私も少年の心で少女と和んでいた。
蘇州の名刹、寒山寺から名付けられたであろう、寒山という1号客室は、
銀河鉄道が宇宙を走って行くようなメルヘンな気に包まれて時が流れた。
心地よい船の振動が母の懐の揺りかごのように思われて
二人は安らかな深い深い眠りの里にとけっていった。
<画像は蘇州・寒山寺、天使との出愛の場>
  




「あい と 風」
 優しい風に誘われて
 ひとり訪ねたこの浜辺
 キビの向こうに館が見えて
 誘う風について来た


 出会った人の微笑みは
 優しすぎて涙が落ちる
 
 別れは出愛の始まりと
 分かっていても分からない
 この世に生きる出来事は
 わが身に起きる出来事は
 みんな一つの試練だと
 分かっていても心が泣くの

 青い泪のひと粒が
 きらりと光って「あい」何処

 切ない想いに誘われて
 ひとり訪ねた美世の浜
 フクギ並木の緑の色が
 まぶしいほどに美しく
 出会った人の一言が
 優しすぎて涙が落ちる

 古いブラウス脱ぎ捨てて
 白いTシャツ着てみよう
 無理をしても始まらない
 わたしはわたしのままがいい

 青いムーンのひと光
 冷たく光って「あい」何処
 
 頬なでる風が涙を誘う
 ワルミにあいの風が吹く
  

「連愛」作詞 西口賢治 / 作曲 村久範
              http://www.ace-i33.com/

1.あなたのとなりの人に 一人だけ愛を語ろう
  あなたのとなりの人に 一つだけ夢を伝えよう
  そうすればみんなが つながり合える
  結び合い 支えあい 譲り合い 分かちあい
  人はみんな愛し合える つながり合える
  たった一人の人を 愛せなくて あなたは・・・
  たった一人の人を 救えなくて あなたは・・・
  夢を語るのか

2.あなたのとなりの人に 一人だけ愛を語ろう
  あなたのとなりの人に ささやかな平和を伝えよう
  この星は明日も まわり続けるから

  たった一人の人を  愛せなくて あなたは・・・
  たった一人の人を  守れなくて あなたは・・・
  たった一つの島を  愛せなくて あなたは・・・
  たった一つの星を  救えなくて あなたは・・・
 
  あなたのとなりの人に 一人だけ愛を語ろう
  あなたのとなりの人に 一つだけ夢を語ろう
  一つだけ夢を語ろう  一つだけ夢を語ろう


  





垣花樋川から久高島を拝ませて頂きました。
パワーを頂いて、ここで浄化させて頂きました。
僕の小さな花が浄華されたようです。
静寂な朝を迎えさせて頂くことに神謝です。
産まれたことも生かされていることも奇跡です。
日々、奇跡に神謝して生きたいものです。
  





愛咲く花さく夢がサク伊是名島
何もない?自然の美しさがあります。
満月の夜、美ら海に浮かぶ夢運。新月の満天ぬ星。
宇宙に夢架ける天の川、海と空が産む大気。真善美があります。
民宿美しまはフェリーターミナルの前、ボクネンさんの作品に出会えます。
写真は「鬼の弁当箱」。僕の左馬も飾ってあります。
お皿の食べ物、一度聞いただけでは、名前を覚えられません(笑)
尚円王の島、こんがりココナツ島。一度は来てみよう!
ご縁があって伊是名島の観光大使をさせて頂いています。
  




お日様が陽ならお月様は陰 
万物は表裏一体 陰陽一昧

人はお陰様の力に支えられて生かされている
西洋ではブレインというが
日本ではお陰様

あなたの後ろにどれだけ陰になって
支えてくださる方がいるか
このお陰様が
即ちあなたの実力、人間力でもある

感謝、神謝のお陰様
 お陰様に神謝、かんしゃ
この心を忘れて出世した人、成功した人はいない

親のお陰 人様のお陰 万物すべてのお陰様
  






運は運ぶことは出来ない 運ばれるという受身的なものだ
天運が働いてそれが為される 地球の自転、公転も一つの運動
運が動くとは宇宙の原理に従うということだ
  





歩いても歩いても道険しく道遠いことがある
天の計らいは正義を持って公平に下る
強固な心棒を持って辛抱しよう
 
  



我欲・我執


の醜さを人は見抜く 無心の美しさに人は感動する
無心の夢を咲かせようとすれば人はそれにひかれる
夢心愛が無心の愛でありたい 世のため人のために咲く夢でありたい
  
Page 2 of 2612345...1020...Last »
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月

  • <過去の年別アーカイブ>
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

  • トータル:241176 アクセス
    ※旧サイトより継続(2004年〜)
    今日のアクセス:14 アクセス
    昨日のアクセス:354 アクセス