夢人日志




「てぃんさぐぬ花」
1.
てぃんさぐぬ花や
爪先(ちみさち)に染(す)みてぃ
親(うや)ぬゆし言(ぐとぅ)や
肝(ちむ)にすみり
2.
夜走(ゆるは)らす船(ふに)や
にぬふぁ星(ぶし)目当(みあ)てぃ
我(わ)ん生(な)ちぇる親(うや)や
我(わ)んどぅ目当(みあ)てぃ
3.
天(てぃん)ぬぶり星(ぶし)や
ゆみばゆまりゆい
親(うや)ぬゆし言(ぐとぅ)や
ゆみんならん
4.
言(い)ち足らん事(くとう)や
一人たれいだれい
互(たげ)に補(うじ)なてぃる
年(とうし)や老(ゆ)ゆる
5.
誰(たる)が上(いい)になてぃん
し情(なさき)どぅ頼(たぬ)む
なさきねん浮世(うきゆ)
渡い苦(ぐり)さ

◆ホウセンカの花は爪先に染めなさい。
親の言うことは、心に染めなさい。
天の群星は数えようと思えば数えきれるけど、
親の言うことは、数えられない。
夜、沖に出る舟は北極星が目当て、
私を産んでくれた親は私が目当て。
宝石も磨かなくては錆びてしまう朝晩心を磨いて、
世の中を生きていこう。
誠実な人は後はいつまでも、
思っていることが叶って幸せである。
成せば何事も成ることであるが、
成さぬ故に成らないのだ。
  



「てぃんさぐぬ花」
1.
てぃんさぐぬ花や
爪先(ちみさち)に染(す)みてぃ
親(うや)ぬゆし言(ぐとぅ)や
肝(ちむ)にすみり
2.
夜走(ゆるは)らす船(ふに)や
にぬふぁ星(ぶし)目当(みあ)てぃ
我(わ)ん生(な)ちぇる親(うや)や
我(わ)んどぅ目当(みあ)てぃ
3.
天(てぃん)ぬぶり星(ぶし)や
ゆみばゆまりゆい
親(うや)ぬゆし言(ぐとぅ)や
ゆみんならん
4.
言(い)ち足らん事(くとう)や
一人たれいだれい
互(たげ)に補(うじ)なてぃる
年(とうし)や老(ゆ)ゆる
5.
誰(たる)が上(いい)になてぃん
し情(なさき)どぅ頼(たぬ)む
なさきねん浮世(うきゆ)
渡い苦(ぐり)さ

◆ホウセンカの花は爪先に染めなさい。
親の言うことは、心に染めなさい。
天の群星は数えようと思えば数えきれるけど、
親の言うことは、数えられない。
夜、沖に出る舟は北極星が目当て、
私を産んでくれた親は私が目当て。
宝石も磨かなくては錆びてしまう朝晩心を磨いて、
世の中を生きていこう。
誠実な人は後はいつまでも、
思っていることが叶って幸せである。
成せば何事も成ることであるが、
成さぬ故に成らないのだ。
  



連愛

作詞 西口賢治 / 作曲 村久範
1.あなたのとなりの人に 一人だけ愛を語ろう
あなたのとなりの人に 一つだけ夢を伝えよう
そうすればみんなが つながり合える
結び合い 支えあい 譲り合い 分かちあい
人はみんな愛し合える つながり合える
たった一人の人を 愛せなくて あなたは・・・
たった一人の人を 救えなくて あなたは・・・夢を語るのか

2.あなたのとなりの人に 一人だけ愛を語ろう
あなたのとなりの人に ささやかな平和を伝えよう
この星は明日も まわり続けるから

たった一人の人を  愛せなくて あなたは・・・
たった一人の人を  守れなくて あなたは・・・
たった一つの島を  愛せなくて あなたは・・・
たった一つの星を  救えなくて あなたは・・・
 
あなたのとなりの人に 一人だけ愛を語ろう
あなたのとなりの人に 一つだけ夢を語ろう
一つだけ夢を語ろう  一つだけ夢を語ろう

  



連愛

作詞 西口賢治 / 作曲 村久範
1.あなたのとなりの人に 一人だけ愛を語ろう
あなたのとなりの人に 一つだけ夢を伝えよう
そうすればみんなが つながり合える
結び合い 支えあい 譲り合い 分かちあい
人はみんな愛し合える つながり合える
たった一人の人を 愛せなくて あなたは・・・
たった一人の人を 救えなくて あなたは・・・夢を語るのか

2.あなたのとなりの人に 一人だけ愛を語ろう
あなたのとなりの人に ささやかな平和を伝えよう
この星は明日も まわり続けるから

たった一人の人を  愛せなくて あなたは・・・
たった一人の人を  守れなくて あなたは・・・
たった一つの島を  愛せなくて あなたは・・・
たった一つの星を  救えなくて あなたは・・・
 
あなたのとなりの人に 一人だけ愛を語ろう
あなたのとなりの人に 一つだけ夢を語ろう
一つだけ夢を語ろう  一つだけ夢を語ろう

  



「美世咲の月」
天に輝く銀の月
すべてのものとすべての人を
包み込んで光を注ぐ
心は癒され心は和み
月を拝んで願いが叶う
ここは美世咲 夢が咲
満月の夜この海に
天使がここに舞い降りて
『愛と平和が美しく
この世に咲きますように』
唱えて月に舞い戻る
海に輝く青い月
すべての大地とすべての海を
包み込んで光を放つ
月を拝んで祈りが叶う
ここは美世咲 愛が咲く
想いは叶う
願いは叶う
祈りは叶う
ここは美世咲
気が咲くところ
  



「美世咲の月」
天に輝く銀の月
すべてのものとすべての人を
包み込んで光を注ぐ
心は癒され心は和み
月を拝んで願いが叶う
ここは美世咲 夢が咲
満月の夜この海に
天使がここに舞い降りて
『愛と平和が美しく
この世に咲きますように』
唱えて月に舞い戻る
海に輝く青い月
すべての大地とすべての海を
包み込んで光を放つ
月を拝んで祈りが叶う
ここは美世咲 愛が咲く
想いは叶う
願いは叶う
祈りは叶う
ここは美世咲
気が咲くところ
  



「精一敗の賛歌」
人生に常勝はない
勝ちもあれば敗けもある
勝っても学び敗けても学ぶ
君よ、胸を張って誇るがいい
精一杯汗を流し
精一杯練習して
その上での精一敗であれば
この精一敗は
きっと君の人生に生きてくる
  



「精一敗の賛歌」
人生に常勝はない
勝ちもあれば敗けもある
勝っても学び敗けても学ぶ
君よ、胸を張って誇るがいい
精一杯汗を流し
精一杯練習して
その上での精一敗であれば
この精一敗は
きっと君の人生に生きてくる
  

  

  
Page 2 of 3123
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月

  • <過去の年別アーカイブ>
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

  • トータル:249631 アクセス
    ※旧サイトより継続(2004年〜)
    今日のアクセス:79 アクセス
    昨日のアクセス:54 アクセス