夢人日志






出愛の時の桜の花は
 あなたの優しさ現すように
 淡いピンクが爽やかで
  私の心が嬉し泣き
  あなたの心が嬉しくて
  花の想いを知りました
  花は私に夢をくれる
  いつも心に花が咲く
 

 神謝の時のカーネーションは
  母の慈愛を現すように
  燃える赤が暖かで
  私の胸が嬉し泣き
   母の想いが嬉しくて
   花の愛を知りました
   花は私に愛をくれる
    いつも心に花がある

 別れの時の白菊は
  友の優情現すように
  純白の色まぶしくて
  私の魂が嬉し泣き
   友の情が嬉しくて
   花の命を知りました
   花は私に命をくれる
     いつも心に花が咲く
  




「美世咲の月」

天に輝く銀の月
すべてのものとすべての人を
包み込んで光を注ぐ
心は癒され心は和み
月を拝んで願いが叶う
ここは美世咲 夢が咲 く

満月の夜この海に
天使がここに舞い降りて
『愛と平和が美しく
この世に咲きますように』
唱えて月に舞い戻る

海に輝く青い月
すべての大地とすべての海を
包み込んで光を放つ
月を拝んで祈りが叶う
ここは美世咲 愛が咲く

想いは叶う
願いは叶う
祈りは叶う
ここは美世咲
気が咲くところ
  



雪月花

雪が舞い散る その日には
演歌歌ってくれました
苦しい時は歯をくいしばれ
そして我慢を忘れるな
その一言に支えられ
俺は演歌を歌います
聞いておくれよ おばあちゃん
歌よ あなたに届いておくれ

月が輝く その日には
童謡歌ってくれました
うれしい時は涙を流せ
そして神謝を忘れるな
その一言が心に響き
俺は演歌を歌います
聞いておくれよ おばあちゃん
歌よ 天国に届いておくれ

花が咲いた その日には
演歌歌ってくれました
悲しい時は泣けばいい
だけど我慢を忘れるな
その一言がうれしくて
俺は演歌を歌います
聞いておくれよ おばあちゃん
歌よ あなたに届いておくれ
  
Page 2 of 212
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月

  • <過去の年別アーカイブ>
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

  • トータル:280621 アクセス
    ※旧サイトより継続(2004年〜)
    今日のアクセス:68 アクセス
    昨日のアクセス:65 アクセス