惚・コツ






コツコツが「コツ」
人生も勉強も
仕事もスポーツも
何をするにもコツがある

コツを掴む方法は
コツコツとやること

コツコツやることが
最善・最上のコツ

コツという感じは「骨」と書く
ウ~ン 流石というか何というか
漢字は凄い 漢字は感字
漢字を感じる感性・感覚
これが言葉を磨き心を磨く?

「惚」この字もコツと読む
惚れるという字は
物に心を2倍つけている

これもコツを掴む
上達の秘訣ではないだろうか
対象を愛すること
対象に惚れ込むこと
対象を楽しむこと

物事を体得した時の恍惚感
これが次に繋がる
これは心の快感なのだ

骨のある自分を育て
気骨のある人間をめざそう

■新明解国語辞典より
骨(コツ)=物事をうまくやる上で、外してはならない大事な点。
骨法(こっぽう)=芸道において最も重んじられる至妙の境地
恍惚(こうこつ)=ある物事に心を奪われて、我を忘れる様子。
       美しいものに接して、うっとりする様子。
気骨(きこつ)=どんな障害にも屈服しないで、自分の信念を押しとう        そうとする強い気持ち。
  
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月

  • <過去の年別アーカイブ>
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

  • トータル:235993 アクセス
    ※旧サイトより継続(2004年〜)
    今日のアクセス:4 アクセス
    昨日のアクセス:5 アクセス