愛志輝





愛志輝(あいしてる)
あいしてる
アイシテル
愛志輝

言語にも習慣があるように
日本人はこの言葉を遣うのが
どうも苦手なようだ

それは言葉にしない
奥床しさであるのかも知れない
奥床しさの語源は知らないが
奥床しさに字義から見ると
奥の床に立ち入らない
遠慮深さというものがあるのかも知れない

以心伝心
心を以って心を伝える
言葉にしなくても理解し合える
それが望ましいことは確かであるが
恋人同士であっても
お互いが「あいしてる」という
言葉で確認したいという想いが強い

また、日本人は「あいしてる」という
対象を相手=人というように
狭義に求める傾向が強いのかも知れない

愛とは
『すべてを受容することである』
凡人には難しい事かも知れないが
それが愛=広い大きな心に繋がる

他自というのは万物と自分
自然と分けた自分ではなく
自然の中の一分の自分だ
だから、愛の対象を万物として捉えれば
宇宙に存在する万物に神謝し
愛することができるのではないだろうか

愛は宇宙に存在する全てのモノの志を輝かせ
『あいしてる』という言葉は
萬事大慶=「バンジOK」に繋がる

  
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月

  • <過去の年別アーカイブ>
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

  • トータル:254006 アクセス
    ※旧サイトより継続(2004年〜)
    今日のアクセス:79 アクセス
    昨日のアクセス:179 アクセス