「志事」  志事を通じて自分を磨く



流石に、重要な日本語だけに、意味も沢山あります。
こころ‐ざし【志】
1㋐ある方向を目ざす気持ち。心に思い決めた目的や目標。「―を遂げる」「事、―と異なる」「―を同じくする」「青雲の―を抱く」
 ㋑心の持ち方。信念。志操。「―を高く保つ」
2 相手のためを思う気持ち。厚意。「―を無にする」「お―はありがたいが、辞退します」
3㋐謝意や好意などを表すために贈る金品。「ほんの―ですが、御笑納ください」
 ㋑香典返しや法事の引き出物、僧への布施の包みの表に書く語。→寸志
4 心を集中すること。注意。「―はいたしけれど、…上の衣 (きぬ) の肩を張り破りてけり」〈伊勢・四一〉
5 相手を慕う気持ち。愛情。「一夜のほど、朝 (あした) の間も恋しくおぼつかなく、いとどしき御―のまさるを」〈源・若菜上〉
6 死者の追善供養。「未来の因果を悲しみて、多くの―を尽くして」〈曽我・二〉

  
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月

  • <過去の年別アーカイブ>
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

  • トータル:249631 アクセス
    ※旧サイトより継続(2004年〜)
    今日のアクセス:79 アクセス
    昨日のアクセス:54 アクセス