竜のはなし・宮沢賢治作



竜のはなし

むかし、あるところに一匹の竜がすんでいました。

 力がひじょうに強く、かたちもたいそうおそろしく、
それにはげしい毒をもっていましたので、
あらゆるいきものが、この竜にあえば弱いものは目にみただけで気をうしなってたおれ、
強いものでもその毒気にあたって、まもなく死んでしまうほどでした。

 この竜はあるとき、よいこころを起して、これからはもう悪いことをしない、
すべてのものをなやまさない、とちかいました。
 そして静かなところをもとめて林の中に入ってじっと道理を考えていましたが、
とうとうつかれてねむりました。

 もともと、竜というものはねむるあいだは、形が蛇のようになるのです。
 この竜もねむって蛇の形になり、からだには、きれいなるり色や金色の紋があらわれていました。
 そこへ猟師どもがきまして、この蛇を見てびっくりするほどよろこんで言いました。
「こんなきれいな珍しい皮を、王様にさしあげてかざりにしてもらったらどんなにりっぱだろう。」

 そこで、つえでその頭をぐっとおさえ刀でその皮をはぎはじめました。
竜はそこで目をさましてかんがえました。
「おれの力はこの国さえもこわしてしまえる。この猟師なんぞはなんでもない。いまおれがいきをひとつ
すれば毒にあたってすぐ死んでしまう、けれども私はさっき、もうわるいことをしないとちかったし、
この猟師をころしたところで本当にかわいそうだ。もはやこのからだはなげすててこらえてこらえてやろう。」
 すっかりかくごがきまりましたので目をつぶって、いたいのをぐっとこらえ、またその人を毒にあてない
ようにいきをこらえて、一心に皮をはがれながらくやしいという心さえもおこしませんでした。

 猟師はまもなく皮をはいで行ってしまいました。
竜はいまは皮のない赤い肉ばかりで地によこたわりました。

 このとき日がかんかんと照って土はひじょうにあつく、
竜は、くるしさに、ばたばたしながら、
水のあるところへ行こうとしました。

 このときたくさんの小さな虫がそのからだを食おうとして出てきましたので、竜はまた
「いまこのからだをたくさんの虫にやるのはまことの道のためだ。
 いま肉をこの虫たちにくれておけば、やがてはまことの道をも虫たちに教えることができる。」
と考えて、だまってうごかずに、虫にからだを食わせました。

 そして、とうとう乾いて死んでしまいました。

 死んでこの竜は天上にうまれ、後には世界でいちばんえらい人・おしゃかさまになって
みんなにいちばんのしあわせをあたえました。
 このときの虫もみな、さきに竜の考えたように後におしゃかさまから教えを受けてまことの道に入りました。
  
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月

  • <過去の年別アーカイブ>
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

  • トータル:256919 アクセス
    ※旧サイトより継続(2004年〜)
    今日のアクセス:46 アクセス
    昨日のアクセス:77 アクセス