400字小説



『ありがとう!』 <400字小説>
あかしんごうを、まちながら、マコはとなりにならんでまっている。
おばあちゃんのかおをみていた。しんどそうなかおをして、たっている。
マコはおばあちゃんのもっているにもつを、ひきよせながら、
「もつ、もつ」といっている。
ママがおばあちゃんにはなしかけた。
「すいません、このこがにもつをもちたいといっているのですが」
おばあちゃんはマコをみつめて「ありがとうさん」といった。
でも、それはマコにはもてなかった。
「じゃあ、はんぶんずつもってね」と、おばあちゃんはほほえみをかえした。
8メートルどうろのおうだんほどうを、
マコとおばあちゃんはゆっくりゆっくりとたのしむようにあるいた。
「おなまえはなんというの?」
「マコ」
「マコちゃんというの?かわいいね!」
そのこうけいはひまごとおばあちゃんのすがただった。
マコにも、じっさいにひいおばあちゃんがいた。
だから、マコはおばあちゃんにちかよれたのかもしれない。
はるのひが、ふたりのせなかをてらしていた。
                          
日野貴之(西口賢治)
  
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年1月
  • 2018年12月

  • <過去の年別アーカイブ>
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

  • トータル:289647 アクセス
    ※旧サイトより継続(2004年〜)
    今日のアクセス:60 アクセス
    昨日のアクセス:188 アクセス