言 魂







『言魂・ことだま』
・言葉に心をこめる
・言葉に気力をつける
七年前に書いたものを書いて見ました。
更に言魂修行をします
🔷たましい【魂・霊】
1.身体に宿って心の働きをつかさどるとされるもの。
 古来、肉体から独立したものと考えられた。
2.精神。気力。「魂をこめる」
上・2013・3・1 下・2020・3・3書く 
  
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月

  • <過去の年別アーカイブ>
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

  • トータル:291408 アクセス
    ※旧サイトより継続(2004年〜)
    今日のアクセス:17 アクセス
    昨日のアクセス:26 アクセス